カップ/湯のみ/ボウル

2016年1月 9日 (土)

お正月気分もこれで終了・・・

20160109

七草粥もいただきお正月気分も終了と思いきや、冷蔵庫にキラキラ光るいくらの醤油漬けが。ちょうどシラスがあったので丼にして頂きました。紅白でめでたさ満載。まさにこれで正月気分の打ち上げ、という感じでした。マーメイドボウル の綺麗な曲線ともよくあいます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

南瓜は実は苦手なほう

20151206

南瓜は実は苦手なほう。粉吹き芋、南瓜の炊いたの、というような口の中で唾液がなくなっていくような食感のものは苦手なんです。だから味自体が嫌いではないので南瓜の料理というとすぐにこういう風にスープにしてしまうことが多いです。今回は牛乳などは使わずポークコンソメで。この具だくさんかっぷ はかなり容量があるので、これに一杯飲むとかなりの腹もちのよさです。このスープにガリガリと黒胡椒を挽いて飲んでいる次女を見ていたらそういえば、南瓜をマッシュしただけの離乳食を作っていたなあと思いだしました。昔は薄味ズキだったのにね~。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

残念ながら・・・・

2013sep03

9月・秋というにはほど遠い蒸し暑い東京です。昨晩はそれでも「秋鮭」をいただきました。とはいえ、焼くのも暑いので酒・醤油・でご飯と一緒に炊き込みました。仕上げに胡麻をたっぷりかけ、大葉を散らして。一杯目はそのまま食べてお代わりの二杯目はだし汁をかけてだし茶漬けにするのが子供達のお気に入り。これがなかなか美味しい!

でも残念ながらこのお椀、4種類とも現在の在庫がなくなり次第500円~1000円の値上げになります。ご希望の方はお早めに!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

冷たい胡瓜と春雨スープ

2013july03

7月に入り、東京は意外に涼しくて、日中を除けばかなり涼しくて快適に過ごしています。とはいえ、梅雨時特有のじめっとした感じはあるので、こんなスープを作りました。鶏がらだしスープにごま油、ナンプラー、お酢で味を整えて春雨を投入、柔らかくなったら火を止めてから胡瓜を加えて器に移して冷蔵庫で冷やしました。

よく冷えたスープはさっぱりしていていくらでも飲める!という感じです。少し辛くしたい場合は、トムヤンクンのスープの素を少し入れて作るときもあります。

こういうときには木製の汁椀より陶磁器のほうがよく冷えていいですね。粉引きの白も涼しさを呼んでくれるかな、と思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

冷たい味噌汁

201200080028
いつまでも残暑が厳しく相変わらず冷たい味噌汁を作っています。今朝はトマト・オクラ・小ネギ・とろろ・モリンガの葉で。ごく少量の水で作り一気に氷を投入して冷やし、カップによそってから冷蔵庫へ。暑いときに冷たい味噌汁、邪道かもしれないけど美味しいです。冷たい味噌汁にトマトって結構よくあうんですよ。あとは胡瓜もおすすめです。このカップは「具だくさんカップ」。夏の朝の定番です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

旬の茎わかめ

20120323a

春になると出回る茎わかめ。私はメカブとかわかめが大好きなのでモチロン大好き。でも生のままの茎ワカメはちょっと下ごしらえが面倒・・・。あのヌルヌルが結構大変。でも昨日スーパーでボイル済のものを発見。これなら簡単なので早速もう一度ボイルして刻んでオカカ和えで食べました。ちょっと塩ヌキが足りなかったので少々しょっぱかったのでおかか混ぜるだけで充分な味に。残りは生姜と一緒濃い味付けで炊こうかな、と思います。

器は小石原焼き・おちょぼ片口。小鉢だけでど可愛い片口があると表情が出ますね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

  Minidorabachi10 

写真手前はじゃが芋・かぼちゃ・鶏肉・玉葱のクリームシチューを作るつもりがアッという間にかぼちゃが煮崩れてイエローシチューになってしまいました。でもかぼちゃの甘みがよく出て美味しかったです。

写真奥はトマト・ブロッコリー・厚揚げをトースターでかりかりにしたもの・をサラダ風にしました。豆腐サラダのゴロゴロ版みたいな感じです。厚揚げが入ることでボリュームが出ます。ドレッシングはお好みで。

器は次回の新商品。実はこの鉢、小さいんです。ただし形がどすんとした形なので見た目よりたくさん入ります。このバケツ型、意外と新鮮です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

大根葉のお粥さん♪

201112120

年末はやはり食べ方も飲み方も重い・・・ということでたまにはお粥で。大根葉とモリンガの葉で優しいお粥です。でも胃腸が弱っているのは大人だけだけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

私がよく作る茶碗蒸しはお手軽なもの

20111117a 20111117b

私がよく作る茶碗蒸しはお手軽なもの。卵とだし汁、ツナの缶詰、コーンだけ。だしは瓶で売られている白だしとツナからでるうまみ。お好みで塩などなど。あとは器に注いでツナとコーンを入れるだけ。本当にお手軽です。ただし、卵は溶いたあと漉します。これをするかしないかは仕上がりにかなり差が出ます。器は蕎麦猪口を使い蒸すときにアルミホイルをかぶせれば大丈夫です。この茶碗蒸しは子供のお気に入り。同じようなものなのにプリンは作らないんですよね~・・・。

スーパーでマグロの切り身が安かったので韓国風に。長ネギとごま油・塩・うまみ調味料でよく和えておきます。醤油で食べるのもいいけどこの味付けも好きです。このほうがビールや焼酎にあうような。

蕎麦猪口は井上塁さんのもの。マグロのほうは来年ご紹介する予定の新しい作家さんのものです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

春菊はサラダが好きです

20111116b 20111116c

春菊の美味しさに気がついたのは中学生の時でした。お鍋をしていて苦味が美味しいと思ったんです。でもそのとき「年とったのかな~」と思ったのも覚えています。味覚は年とともに変わるんですよね。でも最近はもっと進化?して春菊は生でサラダとして食べるのが一番好きです。茎は硬いからそこだけはよけておいて削ぎ切りして翌日朝の味噌汁にまわします。蕪も生のまま。レモンと酢、オリーブオイル、塩・胡椒であっさりと。

写真左のカリフラワーは夫がピクルスにしておいたもの。胡瓜は実は糠漬けしたもの。こういう「漬物風」があると箸休めになっていいですね。今夜はこれにフィリピンでいつもメイドさんが上手に作ってくれた「チキンティノーラ」。骨つきの鶏と玉ねぎ、大根に似た食感のサヨーテというウリ科の野菜と一緒に煮込みます。味は塩と味の素だけ。でも初めにかなりの量の生姜で鶏を炒めます。この時の匂いで子供たちは「今日はチキンティノーラだね!スープ味見させて!」と寄ってきます。でも日本よりフィリピンのほうが鶏は断然美味しいのであの味はなかなか再現できないんですが、今夜は骨つきだったからうまみがよく出て美味しかったかな。でもサラダとチーズでワイン飲んでたら写真撮り忘れました・・・。

サラダボウルは粉引きたっぷりボウル。ころんとしていてサラダを入れても可愛いです。長皿はうつわ工房のもの。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧