ガラス食器

2016年5月23日 (月)

今日も暑くなりそうです

20160521

今日も東京は暑くなりそう。30度とか・・・。少しでも涼しい気分で、ということで。でもこれはグレープフルーツではなく宇和島みかんだそうです。友人からの頂き物です。さっぱりしていて美味しかった~!
ガラスのお皿はこちら

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

豆腐のサラダ

2013jun14

絹ごし豆腐をよく水切りして手でぐしゃっと大きく崩し、その上に胡瓜と茗荷、セロリの千切りを置き、リケンのノンオイルシリーズの「シーザーサラダ」とパルメザンチーズをかけました。さっぱりしているけどコクがあって美味しい!豆腐がモッツァレラチーズのような風合いになるから面白いです。初夏の味って感じです。器はこちら。綺麗に決まります。

リケンのノンオイルシリーズには「青じそ」から始まり、ねぎ塩・ゴマ中華などなどあれこれお世話になっていて、我が家の冷蔵庫の定番。あれこれアレンジして楽しんでいます。高校生の長女は「一人暮らしするときはこれを買う!」と意気込んでいます。最近彼女の口グセは「一人暮らしするときは・・・」なんだけど、本当にしてくれるのかな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

塩麹で

201200070001c

お友達が作った塩麹をゴマ油でのばし味の素を少々。ゆでたインゲンとネギを和えました。それを冷奴にオン。これは酒の肴にぴったり!ガラスのお皿によくあいます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

さっぱりしたものというとついつい・・・

201200060020a 201200060020b

台風でじめっ~とした暑さはしんどかった!こういう時はサッパリしたものが食べたくなるので、ついついお刺身に手が伸びます。ナントいっても楽だし子供も大好き。ガラス皿で涼しげに。でもお刺身だけでは「おやつ??」という程度しか空腹は満たされないので他に水餃子、豆苗と豚肉の炒めモノなど。豆苗は他の野菜が高いときにも価格は安定しているしクセもなくお浸しにも炒め物にも使えるし、しかも種の部分を残してタッパに入れておくとニョキニョキ伸びてまた楽しめます。どんどん伸びるのを見ているとは結構可愛い!でも大きくなったらモルモットに。フレッシュな野菜は大好きだからお尻ふって?喜びながら自分の小屋にお持ち帰りします。こっちの仕草も可愛い!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

ありものサラダ

20120323b

人参・南瓜・ 胡瓜のサラダ。さっと蒸してからバジルペースト・胡椒、マヨネーズで。南瓜はあのもっさりした食感が苦手なんだけど千切りにすると「南瓜?」という感じになるから好きです。夫作。

器はガラス格子皿。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

いきなり粗食。

20120105

今日から夫は会社ということで久々に私が夕食作りを。といっても昼間、「女子会」と称して友人とSALEに行きアフタヌーンティーを楽しんでしまったので朝頑張って作っておいたおでんと、デパ地下の太巻きで。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

ゆで豚の酢漬け

20111201b 20111201a   
バレーボールに夢中の小4の次女は頑張るのはいいけれど、膝や踵に炎症を起こして整形外科通い。この日も夕方から病院に行くので遅くなるのがわかっていたので前日からこの豚の酢漬けを作っておきました。豚のかたまり肉をネギ・生姜とことこと茹でて冷ました後スライス。めんつゆとぽん酢、柚子の皮たっぷりと味の素、で作った液と玉ねぎのスライスしたものと一緒にポリ袋にいれて口を縛り冷蔵庫へ。翌日食べるときは豚の脂で固まり気味なので袋のまま少し湯煎してから並べるだけ。結構豪華にも見えるので来客時なんかにも応用できます。豚を茹でたあとのスープは固まった脂を捨てて塩・胡椒などなどで味を整え人参、大根などでポトフ風スープにしました。あとはオリーブオイルに浸して塩胡椒とガーリックパウダーをまぶしたバゲットを焼いて。大人は焼かずにオリーブオイルを漬けただけで。帰宅してやったのはパンを焼くだけ。お手軽ですがワインにもあいました。

ガラスの器は冬にも映えます。茹で豚を盛ったのはうつわ工房の限定商品

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

カレーと林檎のコンポート

20111130a 20111130b

夫が週末に作ってくれたカレーはたくさんの野菜と挽肉で煮込んだ後ハンドミキサーでペーストにようになったもの。野菜からの水分だけでほとんど水を入れていないそうです。すごく美味しいけど結構辛い。。。。ということで子供には目玉焼きを乗せて和えつつ食べてもらいました。そしてそれでも辛いといわれるかも・・・と思い、林檎を以前漬けておいたカリンの蜂蜜漬けでことこと煮てヨーグルトを添えました。紅玉の皮ごとなので赤い色が綺麗でガラスによく映えました。
ガラスの器はこちら。冬のガラスも素敵です。お皿はしのぎの大皿。こういうカレーなら皿タイプでも大丈夫。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

キャベツその1

20111107a
冷蔵庫に大きなキャベツ、しかも丸ごと1個が2個あります。どんどん食べなきゃ・・・。というわけで、まずはバターで手で一口大にちぎったキャベツをいため、そこに小麦粉・牛乳・カニカマを入れて塩・胡椒。仕上げに細切りの溶けるチーズをたくさんふりかけました。ホワイトソースと同様のレシピですがふりかける程度の量なら小麦粉もダマになりません。これは初めて作ったけど簡単で子供も喜びワインにもあいます。大人には最後にたっぷり粗引き黒胡椒もトッピング。キャベツもさっといためれば緑の綺麗な色が変わらず食卓に出せます。これでとりあえず一玉の三分の一は使ったと思います。
器は八木橋さんのとんすい。鍋とり鉢としてはもちろんですが小鉢として本当に便利です。

20111107

立派な大根葉を食べたくて冷蔵庫の残り物たち、糸こんにゃく・蓮根・ひじき・と炒めました。醤油・みりん・酒がベースですが、そこにやはり冷蔵庫の残り物、昨晩の魚をたっぷりの生姜で蒸した後の蒸し汁・ベーコンと茄子の炒め物の残り汁なんかも投入。いろんな味がまざりコクが出ました。我が家ではこんな風に蒸した後の汁とか煮物で残った汁などとっておいて翌日の料理に使ったりします。
ガラスの器はスガハラの格子皿。お惣菜に使うと新鮮に見えます。

| コメント (0) | トラックバック (0)