小鉢/取り鉢

2017年5月 9日 (火)

薬味三昧

20170509

昨日の東京は夏のような暑さ。絶対素麺が嬉しい思い、素麺と鶏胸肉の酒蒸しにしました。薬味は梅干しをたたいてみりんでのばしたものと、茗荷・生姜・大葉・パクチー。麺つゆとこの薬味で各自好みで食べてもらいました。次女は正統派で素麺には大葉と茗荷と生姜、鶏にはパクチーと梅干し。長女はほぼ一緒ですがごま油を自分で持ってきて鶏にかけ、素麺にはパクチーも。いずれにしてもこれから薬味が嬉しい季節ですね。私は基本的に夏は嫌いですが、こういう楽しみ方は好き♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

大根葉の炒めもの

2013apr19
ふと気がついたら3月に一度も更新せずに終わってしまっていました・・・。お恥ずかしい。すっかり桜も終わり新緑ですね。緑つながりというわけではないんですが、もうそろそろお目にかかれなくなりそうな葉つきの大根がすごく安かったのでもちろん即買い。

葉とそろそろ食べきらないと・・・という感じの高菜のお新香をごま油、薄口醤油、味の素少々で炒めました。これがあればご飯1~2杯軽くいけます。もちろんお酒のつまみにも。豚肉など足してお弁当のおかずにも。炒める前には飼っているモルモットにもあげたら大喜びで?喰らいていました。

この器は菅谷太良さんのもの。ごく小さいんですが、意外とこの大きさが便利です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

茗荷のピクルス

201200090004

昔から茗荷大好き!です。他にもシソ・セリ・パクチー・クレソンなどクセのあるものが好きです。だからスーパーで茗荷の大袋を発見したので即買い。でもさすがに多いので半分はピクルスにしました。酢・塩・少しの砂糖に加えグローブ・ローレル・黒胡椒を入れて。白ワインにもよくあいます。

この小皿は「手の平楕円皿」・まさに手の平に乗るサイズでこういうちょっとしたものを盛るのにサマになります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

ラタトゥユ風・・・・

Sobachoko07
トマト・セロリ・ピーマン・玉ねぎなどなど冷蔵庫に少しずつ残った野菜でラタトゥユ風・・・・にしました。風邪気味だったので生姜もたっぷり。オリーブオイルでトマトからことこと炒めて水は全くいれずに仕上げると濃厚な野菜の味が出ていました。塩・胡椒・ローズマリー・タイム・オレガノ・マジョラムなどが粉末で混ざった「ハーブ塩胡椒」という調味料を最近愛用しているんですが、これと少しのトマトケチャップで仕上げました。お腹の中までスッキリしました。

器は今週アップ予定の新商品。ソバチョコですが、来客時なんかはこういう風に少しお出しするときに丁度いいサイズです。ソバチョコはアイスや果物、ゼリーなどいれても決まるから便利なアイテムです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

残ったカレーをココットで焼きチーズカレー

20120121

ほんの少し残ったカレーをココットに入れてまずはレンジで温め、今度はとろけるチーズをふりかけトースターで5~6分。美味しい焼きチーズカレーの出来上がり。これは簡単で朝食にぴったりです。

ココットはこちら:直火でもオーブンでもOK

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

ゴーヤの煮付け

20111122

ゴーヤをスライスしたものをお昼ご飯に食べたお蕎麦の麺つゆの残りでさっと煮付けて柚子胡椒で風味付け。この柚子胡椒のさっぱりしている辛味とゴーヤの苦味がよくあってピリッとするけど爽やかな味に仕上がっています。これはお酒にもご飯にもよくあいます。昼食後、ササッとこれを作ったのは夫。ほ~んと主婦以上にマメでございます・・・・。
器は3.5寸カンナ小鉢。和え物とかちょっと箸休めになるものとか盛るのに最高の大きさです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

キャベツその1

20111107a
冷蔵庫に大きなキャベツ、しかも丸ごと1個が2個あります。どんどん食べなきゃ・・・。というわけで、まずはバターで手で一口大にちぎったキャベツをいため、そこに小麦粉・牛乳・カニカマを入れて塩・胡椒。仕上げに細切りの溶けるチーズをたくさんふりかけました。ホワイトソースと同様のレシピですがふりかける程度の量なら小麦粉もダマになりません。これは初めて作ったけど簡単で子供も喜びワインにもあいます。大人には最後にたっぷり粗引き黒胡椒もトッピング。キャベツもさっといためれば緑の綺麗な色が変わらず食卓に出せます。これでとりあえず一玉の三分の一は使ったと思います。
器は八木橋さんのとんすい。鍋とり鉢としてはもちろんですが小鉢として本当に便利です。

20111107

立派な大根葉を食べたくて冷蔵庫の残り物たち、糸こんにゃく・蓮根・ひじき・と炒めました。醤油・みりん・酒がベースですが、そこにやはり冷蔵庫の残り物、昨晩の魚をたっぷりの生姜で蒸した後の蒸し汁・ベーコンと茄子の炒め物の残り汁なんかも投入。いろんな味がまざりコクが出ました。我が家ではこんな風に蒸した後の汁とか煮物で残った汁などとっておいて翌日の料理に使ったりします。
ガラスの器はスガハラの格子皿。お惣菜に使うと新鮮に見えます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

蒸し野菜たっぷり

20111106
里芋・ゴーヤ・椎茸・人参・カリフラワー・ピーマンを蒸しただけ。ただし今回は低温で少し長めに蒸したのがポイント。色が褪せずビタミンの破壊も少なめに抑えられるメリットがあります。ゴーヤは実はあまり苦くなくポリポリ食べられてびっくり。ベランダ菜園のもう最後のものです。うちの子供たちは野菜大好きなのでピーマンもゴーヤも人参もばりばり食べてました。椎茸は蒸すときからこの形で。カサのところにうまみが染み出るのでけしてひっくり返さないように食べるのがポイントです。漬けダレは、バルサミコ酢にレモン汁・オリーブオイル・バジル・柚子胡椒・醤油を混ぜたもの・柚子味噌・マヨネーズにマスタードを加えてレモン汁で伸ばしたものと3種類。野菜の種類とお好みであれこれつけて。さっさと出来て満足感高く・見た目も綺麗。来客時にもいいですね。(野菜好きな方限定ですが)日本版バーニャカウダって雰囲気です。

・野菜を蒸したのは「蒸温菜鍋」ほんと、手軽です。
・ソースはこの弓立窯の「口太豆鉢」こういうとき便利です。

| コメント (0) | トラックバック (0)