洋風なお惣菜

2015年11月19日 (木)

あつあつ・フーフー

20151119

毎週1本のペースで大根を消費する我が家。この日は小さい玉ねぎ・ペコロスと一緒に豚ひき肉・生姜と一緒にことこと煮込みました。ごま油・酒・薄口醤油・塩とごくシンプルな味で最後に片栗粉でとろみをつけてあります。
次女と私だけなので、これとピザという簡単な夕食でしたが、深夜に帰宅した長女はキッチンにあった鍋をあけるなり、歓喜の声。すぐにあたためて食べていました。翌朝の味噌汁に仕立て直そうと思っていましたが完食。まあ、深夜のラーメンよりはヘルシーですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

器、熱くなっております!

2013apr22

お店でステーキとかハンバーグが出てくるとき「器が熱くなっておりますので、お気をつけください!」と言われるときありますよね、アツアツでジュージューしてて。先日ハンバーグを作ったときに、一度焼き目をフライパンでつけ、この黒の器に盛ってオーブンで仕上げ、最後にソースをたっぷりかけて直火でくつくつ。これだとさまに「熱くなっております」の再現が出来ました。オーブンから出した直後もぐつぐつ言ってますが、やはり直火は強力。それにこの方法だと家族によって食べる時間差があっても最後の直火でアツアツに出来るので結構便利でした。

この器は直火もレンジもオーブンもOKです。でもいかにも耐熱陶器、といった風じゃないのが魅力です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

ローストポーク

2012oct30b

450gほどの豚のかたまり肉に塩・黒胡椒をかなりしっかりして20分ほどおき、120度に余熱したオーブンで70分焼き、その後アルミホイルで包んでまたオーブンに戻し30~40分放置。ほどほどに冷めたところをスライスしていただきます。じっくり長い時間でのローストなのでこのまま切らずに冷蔵庫に入れて翌日食べるとハムのような仕上がり。温かいときに食べると肉汁がじゅわっと出てこれはこれで美味しいです。塩胡椒だけなので豚のうま味がよくわかります。残ったら翌日のお弁当にも応用がきくし・・・と思っていたら残りませんでした。うちの娘たちはこってり系のお肉料理はやや苦手なので、こういうあっさりしたものならバクバクといってくれます。

スライスする前に塊のままど~んと食卓に出すと「ナンカご馳走みたい♪」と騙せるので(まさに子供騙しですね)後は簡単なサラダやジャガバターなんかあれば充分。作るのも簡単だし美味しいし、定番料理になりそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

201200090014

次女は大のハンバーグズキ。でもハンバーグって焼くときに結構気を使います。中までしっかり火を通したいと思うと焼きすぎてパサついたり。焼き目をつけてオーブンに入れればいいとは思いつつちょっと面倒に思ったり。

ということで今日はミートローフにしました。これなら初めからオーブンに放り込めばいいからお手軽。焼きあがったら型から出したときに残っている肉汁とワイン・ケチャップ・マスタードなどでソースを作りました。次女大喜び。母もカンタンで嬉しい。ちなみによくゆで卵を中に埋め込んで?焼く方も多いと思いますが、ゆで卵キライの私としてはちょっと・・・と言う感じです。

型はパウンドケーキを作るときと同じもので「貝印」のもの。テフロン加工してあり四隅が微妙に丸くなっているので本当にツルンと出てきてストレスなし。さすがです!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

食べすぎだから今週は粗食になります

20120115a 20120115b    20120115f  20120116

昨晩に引き続き今日も夫作。私は朝から次女のバレーボールクラブの試合のお当番で学校体育館におりました。寒い~。体育館って冬は保冷庫みたいな感じです。でも1月・2月は毎週日曜は試合。大変だ~!くたくたの10歳の次女には栄養つけさせて小柄な体でへたばらないようにしなくては!と父親が思ったかどうかわかりませんが、すごく豪華メニューでした。

ポトフ・牛肉のローストビーフというかたたき風というか・・・、とタコとサーモンのカルパッチョ、玉葱とハムのパスタサラダ、岡ひじきとブロッコリーのスプラウトとカニカマの和え物、そして最後にリンゴのパンケーキと盛りだくさん。これだけ週末に食べたら今週はやはり粗食でしょう・・・・・。私、一体ウィークデイに何を作ったらいいんでしょうか・・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

かぶと里芋の豆乳グラタン・豆腐サラダ

20111213a 20111213

蕪と里芋と玉ねぎ、コーンと鶏肉でグラタンを。ホワイトソースはルーミックの「素」を使いましたが牛乳の代わりに豆乳で。豆乳ホイップ、という普通の豆乳よりかなりこっくりしたものがあったのでトロ~リ感もあり、里芋とあいまっていい感じに仕上がりました。豆乳ホイップには絞り口も添付されていたからこれでまさに生クリームのようにホイップできるんですね。カロリー的にはとってもいいかも。

あとは豆腐とみず菜のサラダ。絹豆腐は重しをしてしっかり水を切り、みず菜もしっかり水をきり、豆腐を手で崩してサクッと混ぜます。ゴマダレドレッシングで頂きました。本当はこれにカリカリに焼いた油上げとかチーズとかもトッピングするとまたまた美味しいです。水きりした豆腐は豆腐?と思うほどのしっかり感。これは来客時にも使えるレシピです。

グラタン皿はこちら

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

ローストチキチン・・・こんな姿で申し訳ない!

20111205

すみません、ちょっとグロでしょうか・・・。スーパーで売られていた鶏まるまる。まだクリスマス前なのでこれで¥1000とお買い得。きっと年末に向けて高くなるし今のうちに食べちゃえ!ということで。子供がギョッとしてました。塩・胡椒・蜂蜜をまぶしビニール袋にいれもみもみして4時間ほど放置。160度のオーブンで50分焼きました。(夫作です、もちろん)さすがに旨みが全部詰まっていてジューシーで美味しかった!堪能しました♪その後の骨は鶏ガラだしになりました。これをベースに翌日はおでんを作り、そのおでんの残った汁を今朝は味噌汁に応用、と食べつくし、きっと鶏も本望に違いない・・・・と勝手に納得。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

ゆで豚の酢漬け

20111201b 20111201a   
バレーボールに夢中の小4の次女は頑張るのはいいけれど、膝や踵に炎症を起こして整形外科通い。この日も夕方から病院に行くので遅くなるのがわかっていたので前日からこの豚の酢漬けを作っておきました。豚のかたまり肉をネギ・生姜とことこと茹でて冷ました後スライス。めんつゆとぽん酢、柚子の皮たっぷりと味の素、で作った液と玉ねぎのスライスしたものと一緒にポリ袋にいれて口を縛り冷蔵庫へ。翌日食べるときは豚の脂で固まり気味なので袋のまま少し湯煎してから並べるだけ。結構豪華にも見えるので来客時なんかにも応用できます。豚を茹でたあとのスープは固まった脂を捨てて塩・胡椒などなどで味を整え人参、大根などでポトフ風スープにしました。あとはオリーブオイルに浸して塩胡椒とガーリックパウダーをまぶしたバゲットを焼いて。大人は焼かずにオリーブオイルを漬けただけで。帰宅してやったのはパンを焼くだけ。お手軽ですがワインにもあいました。

ガラスの器は冬にも映えます。茹で豚を盛ったのはうつわ工房の限定商品

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

アジアン・イタリアン・和風!

20111110d
冷蔵庫にあったもので作ったらこんな節操のないメニューになりました。

サンマは頭と内臓を取って処理した状態で冷凍になっているものがあったのでニンクク・生姜でフライパンで焼いたあとにトマト缶をベースにコンソメなどで味付けしたソースで煮込みました。要するにサンマのトマト煮。最後に薄くスライスしたじゃが芋を投入。

写真左の長皿はアボカドとはんぺんをスライスして交互に並べておかかをかけてワサビ醤油をかけたもの。簡単だけどホント美味しいです。かまぼこよりはんぺんのほうがフワッと感がありアボカドと食感があうかも。マニラに住んでいたとき、あちらではアボカドが安くてよく食べたけど「砂糖をかけて食べるのよ~」と現地の人にいわれてびっくり。醤油をかけると美味しいと教えてあげたら「NO!」と言われました。文化の違いですね。

アジアンなサラダは春雨とさっと塩コショウで炒めた細切りの牛肉をレモン汁・酢・ナンプラー・チリソース・塩・胡椒・などで和えたもの。タイによくあるサラダのイメージです。(名前忘れてしまった!)春雨がとにかく調味料を吸収するのでしっかり味つけしました。

真ん中の器は5寸カンナ鉢。こういう煮込み料理にぴったりのサイズです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

オーブン直行

ジャガイモ・生鮭に軽く塩胡椒して、炒めたあと冷凍のサーモンクリームソースをかけて上にピーマンとチーズをふりかけて5分ほどトースターへ。とろっとして美味しい!この器は直火もオーブンもOKです。

20111019a

| コメント (0) | トラックバック (0)