お手軽あと一品

2017年7月12日 (水)

冷麺・・・風?

2017000712

昨日も暑いし次女と二人だし・・・。これが長女と二人だと即!外食となるんですが高校生の次女は「うちで食べたい~」派。何も私の料理が好き、なんていうのではなく、家でのんびり食べたいだけなんですが。よっぽど「仕掛け」をしないと平日の外食はしたがりません。
というわけで冷麺と牛肉・と玉ねぎ・ニラ炒め。冷麺ですが、添付のスープは結構甘めだったので千鳥酢を入れ、新生姜のつけ汁も少し足し、しかもメカブ投入。もはや冷麺ではないかもしれませんが美味しかった~!次女はあまり酸味に強いほうではないですが満足した模様。あとは葡萄などの果物で御馳走様でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

ついつい買いたくなる・・・

20160620

この季節、しし唐とか甘唐とか出回るのをみるとついつい買いたくなります。しし唐と赤ピーマンを塩と白出汁で炒めて最後に薄口醤油をほんの少し垂らしただけですが、美味しいもんです。ほんとは鰹節を最後にどっさりかけたかったんですが、なくて割愛。でもその分赤と緑のコントラストが綺麗でした。お皿はicra工房の木製丸皿

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

初ひたし豆

201606010b

青豆を一晩くらい水に漬けてから15分ほど茹でて、あとは白だしをさっとかけまわしておしまい。それなのに美味しい~!でも1袋一気にやったのでタッパ一杯になるくらい出来あがり、内心「なんで一気にやったんだろ~!」と後悔しましたが、娘たちもばんばん食べるしお弁当にもあれこれ入れて3日ほどでほとんどなくなりました。長女いわく、「よくサラダに入っている大豆とかの食感と違って歯ごたえがあるから好きだわ~」とのこと。確かに!ビールのあてにも最高でした。また青豆買わなくては!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

初そら豆

20160509

ようやく初そら豆。早速ガスコンロでこんがり焼いて頂きました。茹でるより水っぽくならずに味が濃いように思います。ただし、去年、両面焼いた後に火は消したけど取り出すのを忘れていて1週間後にしなびた形で発見されてことがあったので用心です。焦げた皮つきのままの空豆でもポンと置くと絵になる器は素敵です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

新じゃがでじゃがばたー

20160428

次女の大好物、じゃがバター。レンジで約6分ほどチンしたら十字にカットを入れてバターをさしこみトースターで温め。新じゃがなら本当にこれだけで美味しい!トースターに入れるときに耐熱のカップなら楽だし食べやすいです。お皿は耐熱ではありません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

かりんが嫌いなおくら

20140825

伊豆の道の駅で売っていた立派なオクラ。出汁で煮てよ~く冷やしてこのままポリポリいただきます。ヘタも食べちゃいます。
我が家の長女は「さくら」という名前なので次女を授かったときに「おくら」ちゃんにしようかと真剣に考えましたが、八月生まれで立派なカリンの実がつくころだったので「かりん」にしました。かりんは今、オクラが大嫌いです・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

脳みそはもう夏モード

20140715

いよいよ東京も梅雨明け秒読みでしょうか。ここ数日は涼しくて過ごしやすかったですが、一度クーラーを付けた生活が始まると、脳みそはもう夏モードになってしまい、ひたすらあっさり・さっぱり系のものを欲するような気がします。これはタコ・長いも・セロリ・パクチーをレモンと薄口醤油、塩、ナンプラーで和えたもの。あっさりしていますが長芋が入っているので結構ボリュームがあります。うちの娘たち、こういうのが大好き。将来どんだけ酒呑みになるんでしょうか・・・・?今から楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月31日 (水)

ゴーヤを生で

2013july30

ゴーヤといえばゴーヤチャンプルーですが、我が家で好きなのは薄~くスライスして塩を振り出てきた苦味成分をよく洗い流して揉んで水切りしてお浸しのようにすること。胡瓜もみの要領ですね。オカカをいっぱいかけて食べると爽やかな苦味が「夏!」という感じです。とはいえ小学生の次女にはさすがに苦そうなので胡瓜の塩モミも一緒に混ぜて仕上げました。とはいえ一口食べて「あっ苦い!」と言ってました。でも食べようね~!

器はこちら:口太豆鉢

| コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしのKangkong

2013july31

この野菜は日本では「空芯菜」と言われていますが、フィリピンでは「カンコン」と呼ばれていました。夏野菜なので常夏のあちらでは年中出回っています。大きな束でも30円くらいで、シャキシャキとした食感が家族みんな好きでよく食べていました。茹でたりいろいろ調理法はあると思いますが、定番はにんにく炒め。仕上げにお醤油をひと垂らし。これでビールが何杯もいけます♪

でもあちらのカンコンは日本のものよりもっと芯が太いんです。「空芯菜」といわれるだけあって芯は空洞。実はこの中に芋虫などが入りこむことがあるので、必ず芯は縦割りして中を確かめないと、と我が家のメイドさんが教えてくれました。また彼女のカンコン炒め、食べたいなあ、と思いつつ自分で作ります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

里芋サラダ

2012dec17

ポテトサラダはあまり好きではないけど、里芋のサラダが食べたくなって作りました。レンジで柔らかくなったら皮をむいて粗めにマッシュ。あえてフォークの裏で潰すくらいの仕上がりがちょうどいい感じでした。そこにゴマぺーすととクルミ入りのドレッシングををポン酢で伸ばしたものを入れてよく和えて出来上がり。これをコロッケにしても美味しそうです。(でも手間だからしないけど~)。

| コメント (0) | トラックバック (0)